薬を手に持っている女性

日本で多い性病

性病には様々な種類がありますが、その中でもとても感染しやすく感染者が多いのは「クラミジア」と「淋病」とよばれる病気です。どちらも、そのままにしておくことで妊娠しにくい体になってしまう、性器周辺だけではなく全身に症状が現れてしまう可能性があります。ただ、性病というのは治すことが出来る病気です。そのため、健康な体を一刻も早く取り戻すためにもアジーなどの治療薬を使って治療をすることが大切です。

クラミジアというのは、性感染症の中でも最も患者数が多い病気と言われています。日本国内だけでも100万人以上の感染者が居ると言われており、特に10代や20代の女性感染者が多いという特徴があります。また、クラミジアに感染していることでエイズなどの他の感染症にもかかりやすいので早期発見早期治療が欠かせません。
淋病というのは、淋菌という菌に感染することで発症します。クラミジアと同じように感染率が高いです。
どちらの感染症も自覚症状がほとんどなく、症状が進行してしまう可能性があります。
ただ、全く症状が現れないということではないので、ここでどういった症状が起こるのか知っておきましょう。

女性の場合は、オリモノが増える、オリモノが臭いといった症状が現れます。男性の場合は尿道から透明な膿が出る、排尿時に痛みを感じるといった症状が現れます。
もしかして…?と少しでも疑いがあるようであれば、治療を行なう必要があります。病院へ行くのは抵抗があるという場合でも、アジーなどの治療薬を個人輸入で購入することが可能なので、安心して治療が可能です。薬も通常の医薬品のように用法用量を守って服用するだけです。
アジーは日本で販売されていないということで不安に感じるかもしれませんが、海外でアジーは広く流通していますし、日本でも処方される薬のジェネリック医薬品なので安心して服用できます。